遊佐町おすすめスポット

【2018年7月】ぜひ見てほしい!湧き水ポコポコ遊佐町の釜磯(かまいそ)海岸

更新日:

私が住んでいる山形県の遊佐町には、鳥海山からの恵みである「湧(わ)き水」があちこちで湧いています。

数十年前に鳥海山に降った雨や雪が地下水となって流れ出し、豊かな湧き水となって私たちの生活を支え、潤してくれています。

吹浦地区の湯ノ田(ゆのた)にある「釜磯(かまいそ)海岸」の砂浜には、ポコポコと湧き出る湧き水を何ヵ所も見ることができます。

平成29年には山形県が選定する「里の名水・山形百選」の一つに選ばれた、すぐれた湧き水です。

とても不思議な模様を描く釜磯海岸の湧き水と、今が海水浴シーズンのピークを迎えている釜磯海岸のようすををご紹介いたします。

1.釜磯海岸はどこにあるの?

酒田方面から来る場合、遊佐町の国道7号線の菅野地区に「道の駅鳥海 ふらっと」がありますが、「ふらっと」をすぎてすぐの交差点を左に曲がると国道345線に入ります。

国道345線を車で直進すると、3~4分くらいで左手に「十六羅漢岩」があり、そこからは1~2分くらいで左手前方に釜磯海岸が見えて来ます。

関連記事 遊佐町「道の駅鳥海ふらっと」はおいしい・楽しい・魅力がいっぱい!

関連記事 なんともみごとな遊佐町の十六羅漢と、そこから見える夕日の美しさ!

釜磯海岸1

中央のくぼんでいる部分では、近くまで行くと湧き水の湧いている様子をはっきり見ることができます。

釜磯海岸2

左手前方に「釜磯」という看板が見えてきますので、そこから左折します。

釜磯海岸入り口釜磯看板

湯ノ田看板

釜磯海岸入り口2

そこからまた左に曲がって直進します。

釜磯海岸入り口3

やっと駐車場に着きました。ここは空き地になっていて車が100台位は停められます。西浜海水浴場の駐車場は有料ですが、こちらは無料です。

釜磯海岸駐車場

2.いつもはひっそりとした釜磯海岸が、夏は海水浴客でにぎわいます。

駐車場の左手から釜磯海岸に入ります。下り坂になっていますので転ばないように注意しないといけません。

釜磯海岸下り坂

坂道を下っていたら、親子連れの小学生の女の子二人が後ろから来ました。

夏休みになってはじめての海水浴なのか、海水浴客でにぎわっている様子を見て、笑顔で「うわぁ~!幸せすぎるぅ~」と言って、私のわきをはしゃいで下りていきました。

その気持ちよ~くわかります!こんな光景を見たら、誰だってワクワクしますもんね(^^)/。

釜磯海岸3

西浜海岸のように広くはありませんが、岩場があったり湧き水があったりして、十分に楽しむことができます。

私も子供たちがまだ保育園や小学生だった頃、釜磯海岸に海水浴につれてきたものでした。ただ、海岸右手の岩場は危険が伴うため、立入禁止になっていました。

釜磯海岸岩場

海岸の入り口あたりには簡易シャワーや手足を洗うための水道、そしてトイレが二つ設置されていました。

簡易シャワー

簡易水道

簡易トイレ

みんなが安全に泳げるように監視員さんがいて、「沖には行かないように」と注意を呼びかけてくれていました。

監視員さん

3.初めて見る人はもちろん、何回見ても感動する湧き水の様子

この砂浜では湧き水のせいでくぼんでいて、よく見ると水が湧いているのがはっきり見えます。

砂浜湧き水

写真をごらんのとおり、砂浜に円形になって中心部から湧き水が噴出しています。

砂の白い部分と黒い部分(砂鉄)が混ぜ合わさり、マーブル状になって二つと無いめずらしい模様が作り出されます。

湧き水1

湧き水2

岩のわきではポコポコというより、砂鉄を巻き上げながらボコボコと湧き水が噴出しています。

ぜひ一度見ていただきたい光景です。この水が今から数十年前に鳥海山に降った雨や雪で、地下水となって流れ出て来たなんて、本当に感動しますよ!

湧き水3

この男の子は、きっと初めて湧き水を見るのでしょうね。湧き水の不思議な光景に、しばらくの間じーっと見つめていました。湧き水男の子

湧き水が噴出しているところに手を入れてみると、夏なのにひんやりしてとても冷たく、10度くらいの一定の温度が保たれています。

湧き水があちこちでこんこんと湧き、それが流れになって海に注ぎ込んでいます。そのため西浜海岸で泳ぐより、こちらで泳ぐ方がはるかに冷たいです。

湧き水の部分は底なし沼のようで、足がズブズブとはまっていきます。小さいお子さんは特に注意が必要で、「足元注意」の看板も立っています。

足元注意

4.「鳥海山・飛島ジオパーク」になって伝えたいこと

平成28年9月9日に、遊佐町は山形県の酒田市・秋田県にかほ市・秋田県由利本荘市とともに「鳥海山・飛島ジオパーク」に認定されました。

ジオパークとは・・・
「地球・大地(ジオ:Geo)」と、「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、まるごと楽しむことができる場所をいいます。(以下省略)(日本ジオパークネットワークHPより)

この釜磯の湧き水も、もちろんジオサイトになっています。

たとえば、子どもたちが釜磯海岸に海水浴に来て湧き水を見たときに、「この湧き水は、どこから来るのだろう?」と思って聞いたり、調べたりしたとします。

その結果、この湧き水は「鳥海山に降った雨や雪が何十年もかけて出てきた水なんだ!」ということがわかれば、今までなんとなく眺めていた鳥海山を、今までとはちがった見かたをすることができるようになるでしょう。

釜磯の湧き水のほかにも、箕輪地区にある「丸池様」、女鹿地区にある「神泉(かみこ)の水」、滝の浦地区にある「大鳥神社の滝の水」など、鳥海山からの水の恵みである湧き水の有名な所がたくさんあります。

箕輪地区の丸池様丸池さま
女鹿地区の神泉(かみこ)の水

神泉の水の不動様

神泉(かみこ)の水


「滝の浦地区の大鳥神社」

大鳥神社


「大鳥神社の滝の水」

滝の水1

こんこんと湧き水が湧く遊佐町は、まさに鳥海山を通して地球を学ぶことができ、なおかつ楽しめる場所です。遊佐町の良さをぜひ知っていただきたいです。

関連記事 遊佐町の丸池様とその周辺・5通りの行き方・近くの宿泊施設までわかる徹底ガイド!

 

〒999-8521
山形県飽海郡遊佐町吹浦国道345号線

ぜひ一度、釜磯の湧き水の様子を見においでください。

-遊佐町おすすめスポット

Copyright© 楽しく歩こうin遊佐町 , 2019 AllRights Reserved.