遊佐町おすすめスポット

遊佐町「道の駅鳥海ふらっと」はおいしい・楽しい・魅力がいっぱい!

更新日:

山形県飽海郡遊佐町(やまがたけん あくみぐん ゆざまち)の国道7号線沿いの吹浦の菅野(すがの)地区に、「道の駅鳥海 ふらっと」あります。東北エリアの道の駅の中でも、ふらっとは非常に人気が高い道の駅です。

ちなみに、この地域は〒999-8531で、日本でいちばん大きな数字の郵便番号なんですよ。また、耳寄りな情報として、ふらっとには電気自動車の急速充電スタンドがあります。

8:30~18:00(3/1~10/31)
8:30~17:00(11/1~2/28)
充電時間:約30分
金額:1台 1回につき 500円
営業時間外は、近くの鳥海温泉「遊楽里」にて利用可能

1.「道の駅鳥海 ふらっと」は魅力がいっぱい!

ふらっとは、誰もがふらっと立ち寄れるようにとの願いを込めて名付けられたそうです。土日になるといつも駐車場が満杯になり、GWの時などはなかなか駐車場にも入れず、入り口で大混雑するほど人気のある道の駅です。

平成26年には東北「道の駅」連絡会第一回東北「道の駅」大賞を受賞しました。

さらに、リクルート㈱が発行している国内旅行情報誌「じゃらん」において、過去5年間の「東北じゃらん」の紙面での登場回数から、道の駅のランキングが決められましたが、平成29年はみごとふらっとが4位に輝きました!数ある道の駅の中で、こんなに身近なふらっとが4位になるなんて、とてもうれしいです(^^)/

地元の海の幸・山の幸・川の幸が数多く販売されています。

道の駅鳥海ふらっと案内板

鮮魚直売所(元気な浜店)では、新鮮でおいしい海の幸や加工品が販売されています。

特に人気があるのは、銀がれいのしょうゆ漬けを焼いたものでギンダラのしょうゆ漬けの味に似ています。お店の方に了解をいただいて、写真を撮らせていただきました。銀がれいが今串に刺されたばかりで、時間をかけて、じっくり・ゆっくり・こんがり焼かれます。

銀がれい焼

銀がれい焼き ¥430(税込)

そのほかには、新鮮なお魚はもちろん、いろいろな種類のお刺身の詰め合わせや、魚介類を焼いたり揚げたりしたものが売られています。もちろんお持ち帰りもできますし、その場で食べることもできます。

新鮮な魚や刺身

エビのから揚げとイカのてんぷら

エビのから揚げ¥350(税込)
いか天¥300(税込)

毎年6月~8月中旬くらいまでは「天然岩ガキ」が食べられます。そのシーズンになると、岩ガキのお目当てのお客さんで行列になるほどです。

道の駅鳥海ふらっとの天然岩ガキの看板

道の駅鳥海ふらっとの天然岩ガキ1個600円

天然岩ガキ1個600円(税込)

むきたての岩ガキは最高にクリーミー!口の中でとろけた岩ガキが、のど元をすぎると、心までとろけます。

レモンをしぼって食べると格別においしいですよ。!(^^)!

私は今日ふらっとに行って、地元の名産品の「たこ飯のもと」を買ってきました。

たこ飯のもと

1袋3合用で、450円です。

これは庄内浜でとれた磯だこに、ごぼう・たけのこ・にんじんを加え、調味料で味をととのえた「炊き込みご飯のもと」です。といだお米といっしょに炊き込むだけで、簡単においしい「たこ飯」ができます。明日の夕飯はたこ飯に決まりです!

農産物直売所(ひまわりの会)では、採れたての新鮮野菜や山菜などの山の幸も売られています。今日は、なんと「ふきのとう」が売られていました。ふきのとうは主にてんぷらにして食べますが、ほろ苦い味のふきのとうのてんぷらを食べると、「ようやく春がきたなあ」としみじみ思います。

ふらっと野菜直売所

そのほかに、特産品販売コーナーや食堂、ファストフードコーナー、そしてラーメンや餃子が味わえるラーメン「味の駅」、焼きたてのおいしいパンのベーカリー工房「ほっほ」も併設されています。お好きなものを、お好きなところでお楽しみいただけます。見て回るだけでもワクワクしますよ。

ふらっと味の駅・パン工房ほっほ

<住所・営業時間・直売所・TEL>

住所:山形県飽海郡遊佐町菅里字菅野308-1(遊佐町国道7号線沿い)

営業時間:8:30~18:00
(11月~2月は8:30~17:00)

直売所: 9:00~17:30
(11~2月は9:00~17:00)

TEL: 0234-71-7222

ぜひ一度ふらっと寄ってみて下さい。

-遊佐町おすすめスポット

Copyright© 楽しく歩こうin遊佐町 , 2019 AllRights Reserved.